作品は有田の白い焼き物のように焼き上がるんですか?

陶芸体験で使われる土は、粘土分が多い土が製作し易い為、
一般に土物と言われる専門的には、可塑性のある土が使われます。
その土は茶色だったり、黒色だったりします。その上に色んな色の
釉薬(うわぐすり)をかけますので有田焼きの様な色ではありません。
因みに当工房では、そば釉と言う茶色とか、アイボリーと言う乳白色
に焼き上がる色を使っております。
参考の為ですが、有田、瀬戸、九谷、砥部などの焼き物は、そもそも
白い陶石を処理した土を使い透明な釉薬を使いますので白く焼き上がります。

佐賀県武雄市の陶芸体工房 巧工房

SNSでもご購読できます。